【クレジットカード比較】2014年人気オススメのクレジットカード

クレジットカードのセキュリティーコード - 【クレジットカード比較】2014年人気オススメのクレジットカード

【クレジットカード比較】2014年人気オススメのクレジットカード > クレジットカードのセキュリティーコード

クレジットカードのセキュリティーコード

今や買えない物は無いと言っても良い程、ネットショッピングにある商品はかなり充実しています。
生活用品は勿論、中にはとんでもない物を販売している所もあります。
サイトにもよりますが主な支払い方法としては、コンビニ・電子マネー・代金引替え等があげられます。
中でも最も多くの人が利用している方法が、クレジットカードではないでしょうか。

この時に必要になるのが、セキュリティーコードです。
暗証番号とは別になります。
表側に記載されているカードもありますが、殆どは裏側・署名欄の右上に記されている3桁の番号の事を指します。
もし番号が読み取れなかったり、明記されていなかったりすればカード会社に連絡して再発行の手続きを取りましょう。

セキュリティーコードの主な役割は、クレジットカードの防犯です。
カードが手元に無ければ、それを知る術はありません。
ネットショッピングを始め、電子マネーのチャージ時等でよく使われています。
万が一スキミング被害に遭ったとしても、カード番号や暗証番号は相手に知られてしまいます。
それを悪用される事もあるでしょう。
しかしセキュリティーコードまで知られるという事はありません。
盗み出したデーターを元にネットで買い物をしようとしても、出来ません。

しかし幾つか問題点はあります。
ネットショッピングにしても全て対応しているとも限らず、カード番号さへ分かれば利用する事が出来る様になってしまっています。
またクレジットカードを盗んでしまえば、相手になりすます事も難しくはありません。
スキミングで情報を得るのは難しいので、フィッシングサイトにおいて入力を促しセキュリティーコードを盗み出している事例も数多く報告されています。
最終的には自分の身は自分で守らなければいけません。
例え相手がどんなに偉い人であったとしても、第三者に絶対にセキュリティーコードを教えてはいけません。
伝えなかったからと言って、何か損害が出るという事は有り得ません。

top